任意売却のメリット・デメリットと良い相談先を選ぶ重要ポイント

任意売却後のメリット・デメリットとは?競売との違いも分かる!

■メリット
任意売却のメリットは、市場価格に近い価格で売却出来ることによって、残債を出来るだけ少なくする事ができる。また、残債返済の交渉可能という事です。売却後に残ったローンの返済は、月々の無理ない範囲で分割して返済ができます。残債を今までと同じように払っていくのは無理なわけで、それを少しずつ返済していく事が可能になれば、新しい生活の計画もしやすくなりますよね。また、債権者との交渉次第では、引っ越しにかかる費用が貰える場合もあります。


■デメリット
ただ任意売却にもデメリットがあります。例えば、見学希望者へ日時調整の対応など、勝手に手続きが行われる競売と違い多少の手間がかかります。中でも債権者との交渉が必要(任意売却する事を債権者に承諾してもらう)という点で、手続きが必要になるのが素人には最もハードルが高く、任意売却のデメリットと言えるでしょう。 また同じ様な任意売却専門業者でも実績が少なかったりネットワークが乏しい業者に頼んでしまうと、なかなか買手がつかず結果的に時間切れとなり競売になってしまうという無駄が起きる可能性も否めません。きちんとした相談先を見つける必要があるという意味では、この手間もデメリットになるのかもしれません。


■結論
新築で家を購入したけれども様々な理由で手離さないといけなくなる事は、避けたいことですが現実にある事です。そして、競売で売るとなると、落札者の都合で立ち退きを迫られるので精神的にも負担になりますし、周囲にも自宅差押さえの事実を知られることとなります。ですから、同じ手離すとしても、競売で売るよりも、金銭的にも心理的にも負担の少ない任意売却という手段を選択したほうが、圧倒的に有利であることがお分かり頂けると思います。